43歳既婚熟女の体験

私は今年で43歳、世間では熟女といわれるような年齢に差し掛かってきたんですが、
変な話、最近になって性的な欲求が今までにないくらい高まってきたんです。
私は若い頃も性的な欲求はかなり強いほうだったと思うんですが、
ヤりたい盛りだった10代の頃と比べても今のほうが高いというくらいかもしれません。

結婚はしていますが、やはりもう20年以上にもなりますとセックスの機会もほとんどありませんし、
欲求は日々高まるばかりで、もちろん主人には秘密で出会い系のサイトを使ってみたいんです。
私の若かった頃は今みたいにインターネットなんかもまだこんなに普及していませんでしたから、
相手を探すにもナンパ待ちのようなことをして、といった感じでしたが、
こんな熟女というような年ではナンパも何もあったようなものじゃないですし、
こういった誰にも秘密で使えるサイトがあるのはありがたいですね。

熟女 出会いOK、秘密を守れる人、セックスに積極的な人というのを条件で相手の方を募集してみたところ、
かなりの方からメッセージを頂いたのですが、まだ10代の男性もいて驚きました。
でも10代というと性欲真っ盛りでセックスもすごく期待出来ますし、年もこれだけ離れていれば
共通の知人がいてバレるなんていうこともないと思ってその方と会うことに。

会って定期的に体だけの関係を続けたいということを伝えると相手の方も了承してくれまして、そのままホテルへ。
セックスはまだ若い分荒削りではありますが、やっぱり若さはすごいですね。
久々に燃えて朝まで何度もしてしまいました。

お泊まりが増えると主人に秘密にしておくのが大変そうですが、もう止められそうにないです。

23歳独身女性フリーターの体験

恥ずかしいことに22歳ではじめてを体験しました。
異性とのお付き合いはあることはあります。
ただ、学生時代に彼氏と呼べる人はおらず、少し付き合っても、そんな関係にならずに自然消滅をしてしまうような感じでここまできました。
大学生になると念願のカフェでバイトをはじめ、よくあるパターンの、バイト先の先輩に恋焦がれる日々でした。
さすがに年齢も年齢なのでこのままチャンスを逃すと一生独身になる!と、とにかく付き合って、はじめてを卒業したい!という焦りの気持ちしかなかったです。
恒例のBBQで憧れの先輩とたくさんしゃべることができて、ラッキーにも車で送ってもらえることになりました。
私の心臓は口から飛び出るほどバクバクしていて、今しかチャンスはない!と何の前触れもなく「好きですぅ!」と車内で叫んでしまいました。
先輩は相当驚いたと思います。
突然の絶叫ですから。
そこでまさかのカミングアウト、先輩はバイト先1可愛い社員さんとお付き合いをされていました。
告白から撃沈までの時間があまりにも短すぎて、脳内パニック状態のまま自宅に到着。
恥ずかしいやら、哀しいやら、なぜ私ばかり?と変な怒りも込み上げていて相当ひどい形相だったと思います。
とりあえず、突然の無礼に対する謝罪と、送ってもらったことに対するお礼を言って車からおりる瞬間。
その瞬間。
先輩がそっとほっぺにキスしてくれたのです。
あまりの嬉しさと、驚きで再びパニックになり、そのまま振り返らずに帰宅。
そしてバイトはばっくれ。
もうすぐ23歳になります。