23歳独身女性フリーターの体験

恥ずかしいことに22歳ではじめてを体験しました。
異性とのお付き合いはあることはあります。
ただ、学生時代に彼氏と呼べる人はおらず、少し付き合っても、そんな関係にならずに自然消滅をしてしまうような感じでここまできました。
大学生になると念願のカフェでバイトをはじめ、よくあるパターンの、バイト先の先輩に恋焦がれる日々でした。
さすがに年齢も年齢なのでこのままチャンスを逃すと一生独身になる!と、とにかく付き合って、はじめてを卒業したい!という焦りの気持ちしかなかったです。
恒例のBBQで憧れの先輩とたくさんしゃべることができて、ラッキーにも車で送ってもらえることになりました。
私の心臓は口から飛び出るほどバクバクしていて、今しかチャンスはない!と何の前触れもなく「好きですぅ!」と車内で叫んでしまいました。
先輩は相当驚いたと思います。
突然の絶叫ですから。
そこでまさかのカミングアウト、先輩はバイト先1可愛い社員さんとお付き合いをされていました。
告白から撃沈までの時間があまりにも短すぎて、脳内パニック状態のまま自宅に到着。
恥ずかしいやら、哀しいやら、なぜ私ばかり?と変な怒りも込み上げていて相当ひどい形相だったと思います。
とりあえず、突然の無礼に対する謝罪と、送ってもらったことに対するお礼を言って車からおりる瞬間。
その瞬間。
先輩がそっとほっぺにキスしてくれたのです。
あまりの嬉しさと、驚きで再びパニックになり、そのまま振り返らずに帰宅。
そしてバイトはばっくれ。
もうすぐ23歳になります。